エントリー

2007年12月の記事は以下のとおりです。

他山の石よ、フライド

  • 2007/12/21 20:12
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 191-1.jpg
自分で作れるようになっておくと嬉しいものシリーズ。「ポテトチップス」と「フレンチフライ」。ちゃんとできた。終了。
というか、ただポテト揚げるだけだしな。
フレンチフライはレンジアップしてから細切りしたら切りにくかった。妻に聞いたら細切りしてからレンジアップすべきだそうだ。
あと「サラダ」「和風ツナいろいろ混ぜ」「筍と蓮根の煮物」。
妻がつけたピクルスが、ポテトによく合う。

【妻】
「おなか減った~(夕食食べてきたけど)」と帰宅したらだんなさんが「ポテトチップス少々とフライドポテト少々」
本人的にはいくつかの反省点があるようですが。
ん?おいしいよ?

ドッツアンドラインズ

  • 2007/12/20 22:53
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 190-1.jpg

【夫】
焼き鳥なー。
一見、皮だけ大量にあればそれでいいような気もするけど、意外と砂肝がうまい。というか結局全部うまい。
焼き鳥の不思議なところは、ただ鶏肉を焼いただけではこうはうまくならないところ。
一個一個はただの肉だが、それを串でつなげることでよりおいしくなる。まさに点と線。

【妻】
「皮」と「ぼんじり」「ねぎま」「砂肝」「しいたけ」「ピーマン」そのかい、かな?
調子に乗って作っていたらもっていたより大量の焼き鳥。
しかし、んまい。焼いただけなのに、なんか、申し訳ない。

そば清か!

  • 2007/12/19 21:47
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 189-1.jpg
バイト先のKさんに焼肉をおごっていただいた。ご馳走様です。
しかし、女子高生たちがまったく遠慮ということを知らずに、お前らどういう消化酵素持ってるんだというくらい食べるので、代わりに私が遠慮しました。ああ、せっかくのおごり焼肉なのにもったいない。

【妻】
何日か前よりだんなさんの今日は飲み会宣言。
まあ忙しいし、ゆっくり帰宅し、ちょっと買いものとかすませて、あったかいお茶いれてのんびり。って思ってたらだんなさんの意外と早い帰宅。
時間もあるしふたりでちょっと夜食。

アンプ豚

  • 2007/12/18 22:43
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 188-1.jpg

【夫】
いつもはものっそいソースとかかける私ですが、本当においしい揚げ物に出会ったときはほとんど調味料をかけない。というか塩で食べる。そうすると、素材の味はもちろんですが、焦げたパン粉の味が増幅される。香ばしさが増幅されてうまい。
量も増幅されればいいのに。
しいて言えば、ウエストが増幅される。

【妻】
とんかつが食べたくなったのですが、ロースかつはちがうし、ひれかつは論外。ミルカツはちょっとくどいかな?
そんな午後。
「ウメシソロールカツ」と「もやしのごま酢和え」「みそしる」「ごはん」
「ウメシソカツ」んまい。

地味にうまい

  • 2007/12/17 21:08
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 186-1.jpg

【妻】
気が付けば今年の冬はまだこれをしていなかった、でおなじみの「白菜の重ね蒸し」です。
今日も急遽シフト変更で早番でしたが、もともと入っていた予定とかもあり意外と帰れない。ちょっと遅くなった時はこういう簡単で買い物がいらなくて勝算のある料理がたすかる。
あとは「生桜海老」と「春菊サラダべーコンのせ」「あおさのみそしる」「そば米入りごはん」


【夫】
この「白菜の重ね蒸し」は本当に、うまいし簡単だし栄養もあるし温かいし、すばらしい料理だと思う。別にどこかの回し者ではないけど。

次なる課題

  • 2007/12/16 20:06
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 185-1.jpg

【妻】
もうこれは最終段階、最後の調整の時期にきているといえよう。
そんな「小龍包」
皮の食感、厚さ、具の味付けはいうまでもなく、長年の課題であった「皮を破ってジュワッとあふれるスープ」もとうとう成功。
その様はスープが飛び出て机を汚す、レベルにまで達しました。
後はサイズに気をつけて、「蓮華に丁度乗って、本当は一口で食べられるんだけど、アツアツでやけどしちゃうからそうしない」みたいな感じのが理想。


【夫】
最終調整っていうか、もう十分成立していると思う。生地もおいしいし、具もおいしい。
で、もしやと思って今調べたんだけど、
「小龍包」は「小籠包」の誤記。りゅうじゃなくてかご。じゃあなぜ竹に龍で籠なのか調べたんだけど、これがよくわからない。
かごめかごめ。

ひとりなので

  • 2007/12/15 21:11
  • カテゴリー:

妻の夕食
ファイル 184-1.jpg
【妻】
遅番の予定でしたが、職場で一人怪我をして現場に出れなくなったため、代わりに早番。みんなに「大変ね」「ご苦労さん」とやたらとねぎらわれたがこちらとしては早く帰れて相当ラッキー。
今日帰り早くなったよ、夜何が食べたい?と前日だんなさんに聞いたところ、明日は夜いないとの回答。しょうがないので、今夜も一人でやりたい放題。
「味噌煮込みうどん」です。

夫の夕食
ファイル 184-2.jpg
【夫】
大学院で、ちょっとした自主研究発表会みたいなものがあって、行って来た。僕は聞くだけだけど。
で、その後軽く飲み会。なんかあんまり行ったことのないような、お洒落なバァ的な。
「ピザ」「サラダ」「トマト」「ハイネケン」など。
お洒落なバァ的なところなので、「生中」じゃなくて「ハイネケン」です。

スッキリ!

  • 2007/12/14 20:00
  • カテゴリー:

夫婦の夕食

ファイル 183-1.jpg
【妻】
以前より「すずきの香草焼き」をぜひやってみたいと思っておりました。
なぜかは秘密。というより、なんかイメージ的に、香草焼きっていいなってなくらいな程度だけど。
でもって香草焼きみたいな香りを楽しむタイプの料理なら魚はあっさりとした白身だな。とすずきをチョイス。のイメージだったんですが、今日は手ごろな値段のすすきが切り身しかなかったので、ちょうど安かった「真鯛」を使用。
「真鯛の香草焼き」と「サラダ」「スープ」「ごはん」
つけあわせのポテトが常軌を逸しておいしい。
念願の香草焼きが実施できて、スッキリ!


【夫】
やや薄味。でも鯛のいい味が出ている。
しかし、それよりなにより、じゃがいもがおいしい。ちょうどいい感じに塩味が聞いていて、ちょうどいい感じに油に浸っている。
これは何かに似ているな、何に似ているんだろうと考えていたのですが、そうか、フライドポテトだ。

ほんとのうでのみせどころ

  • 2007/12/13 21:57
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 182-1.jpg

【妻】
筑前煮にしよう、そうだこれならだんなさんも大好物。
と思っていたらだんなさんが「ハンバーグを食べたい」といいだす。
「きっ…今日は筑前煮じゃー。」というと、「筑前煮か~まあそれもいいかな~」と譲歩っぽい感じになったので、「筑前煮」を食べる体勢、胃袋になりつつあるだんなさんにあえてありあわせでハンバーグをつくって出す。
やればできる。なんとかしてみせる。


【夫】
すぐに「でも筑前煮でもいいよ」と言ったのに、あえてハンバーグを作って「あんたがハンバーグって言った、ハンバーグって言った」と主張するから困る。
やればできる。

日々是精進

  • 2007/12/12 21:30
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 187-1.jpg
なんかこう、バイトが終わって、さて家に帰ろうかと思ったとき、ああ、夕飯を何にするか考えなけりゃいかん、と考えると、一気に面倒になる瞬間がある。というわけで、たまにはその場で「こんびにのおでん」を食べて夕食にする。
うまい。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

2007年12月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

新着エントリー

8階
2018/01/20 23:04
手弁当
2017/10/23 21:50
包み
2017/10/22 21:48
2017/01/09 22:07
不正
2017/01/08 22:21

過去ログ

Feed