エントリー

2009年02月の記事は以下のとおりです。

自家製なめたけ

  • 2009/02/18 21:20
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 624-1.jpg
♪しょうが焼き~しょうが焼き~ どしても食べたいしょうが焼き~
というわけで、懲りない男です。
「豚の生姜焼き」「にんじんとごぼうのきんぴら」「春菊」「なめたけ」「ごはん」「たまねぎスープ」
タレをあらかじめ煮切っておく+たまねぎに火を通しておく+小麦粉をまぶさない、でやってみました。やっぱり私は、小麦粉を少しまぶした方が好きかな。それから醤油みりん料理酒各大2だと、煮切ってもタレ量が多いのと、少ししょっぱい。醤油だけ大1か1.5かな。
じゃあの。


【妻】
ここのところ、なかなか帰れない日が続いています。
今日はどうしても寄りたいお店があるので、そのお店の閉店時間に間に合うように帰ろうと、朝からかなりがんばっています。
夕方6時、とにかくできるだけ早く上がればなんとかなるだろうが、閉店時間を知らないことに気づき、倍あせる。
とにかく、とりあえずあせってみるが、こんな夜にかぎって電話がじゃんじゃん鳴りだす。

俺の肉の口溶け感

  • 2009/02/17 22:14
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 623-1.jpg
♪しょうが焼き~しょうが焼き~ どしても食べたいしょうが焼き~
というわけで、やっぱりもう一度つくりました。「豚の生姜焼き」。
あと「ほうれん草のおひたし」「きゅうりとわかめの酢の物」「キムチ」「妻のなめたけ」「ごはん」「味噌汁」
生姜焼きはだいぶレシピ通りに作りました。なので、悔いのない仕上がりになっています。
反省点としては、醤油みりん料理酒各大2だと少し多いのでタレの配合は改善の余地があること、たまねぎは前回のように極薄にしないとこの方法では火が通り切らないことなど。
次は、タレをあらかじめ煮切っておく+たまねぎに火を通しておく+小麦粉をまぶさない、でやってみよう。
俺は、そうしてきた。


【妻】
しょうが焼きって毎日食べても大丈夫?
と聞かれた、もちろんだんなさんからだ。
人から食事について質問を受けることは仕事柄比較的多いとは思うのですが、初めての質問だ。
大丈夫な根拠はないが大丈夫でない根拠もないし、要するに毎日しょうゆで味付けをした肉を食べても良いかという質問になるのだろうと思いOKをだしてみた。

今日の運勢

  • 2009/02/16 20:16
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 622-1.jpg
【妻】
歩くとき、左右の足を前に交互に出すのは有名な話ですが、今日もそのようにして歩いていたら、横から走ってきた人が押していたトランクがコントロールを失い突っ込んできて、二本の足の間にすっぽりはまってしまった。ミラクル。
こんな日は宝くじを買ってみるといいかもしれない。
「れんこんとしいたけのはさみ焼き」「ふろふき大根」「春菊と人参の酢味噌かけ」「きのこの柚子こしょう炒め」「蕪の浅漬け」「なめたけ」「なめこ汁」「ごはん」
なにも考えず作っていたら無意味に微妙にきのこばかりに。
こんな日は宝くじを買ってみるといいかもしれない。


【夫】
以前、妻と一緒に歩いていたときですが、我々の前方を歩いていた子供がハンカチを落とし、妻がそれを避けきれずに踏んづけたということがありました。
だからそんなにミラクル度は高くないと思います。

紅茶の王子様

  • 2009/02/15 20:04
  • カテゴリー:

【妻】
そろそろ紅茶がなくなるなぁと思いながら、もう随分が経つ。冬場になると緑茶の消費量が増えるため、紅茶切れへの問題意識が薄れるのよ。
とはいえ、我が家に大量に並ぶ茶葉缶のほとんどがほとんど空。そろそろ本気で動かねばなりますまい。
仕事も早々に切り上げ紅茶やさんへ。
本日のお買い上げは「ネプチューン」に「ペティアガーラ」、あとは「アジア」「キャロル」「クッキー」「テ・オ・ショコラ」。


【夫】
夫の夕食
ファイル 621-1.jpg
♪しょうが焼き~しょうが焼き~ どしても食べたいしょうが焼き~
ということで「豚肉の生姜焼き」ですが、今日は気合を入れて、きちんとした手順で作ってみました。レシピは、ネットで発見したレシピ(by某有名タレント)をもとに。
下味つけないで、肉に小麦粉をまぶして焼く感じです。味は醤油・みりん・料理酒を同量。
味はといえば、自分の手際の悪さのせいでいろいろ失敗しました。それでもなかなかおいしかったので、次回はもっとちゃんとやりたいと思います。
おそらく、しょうが焼き週間に入るとおもいます。


で、夫のアイス
ファイル 621-2.jpg
「ココアクランチ入り」です。なんか妻が買ってきたココアクランチがあったので。
うまいです。オレオ入りには負けますが。ご飯の後のデザートというよりは、三時のおやつに合う感じ。

SVD

  • 2009/02/14 21:54

【妻】
朝ちょっと遅めの出勤をしたら職場の休憩室のテーブルがおかし山盛り。
そうか、バレンタインか。すっかり忘れていたよ。毎年職場の若い子に「これでよろしく」ってお金だけ渡してまとめて買っといてもらっていたから、すっかり他人事になっていたよ。
帰り道、バレンタインでしかも土曜の夜ともなると、さすがに人通りが多く、そして華やか。
あれ?今年はバレンタインが土曜だから、チョコが売れるんでしたっけ?売れないんでしたっけ?


【夫】
夫の夕食
ファイル 620-1.jpg
妻がつくった昨日のチキンカツがもう一セット残っていたので、リメイクしました。妻は一度揚げたものを煮込む系を作らないので、この機会に自分で作りました。
「チキンカツのおろし煮」「カブのくず煮」「春菊サラダ」「ごはん」「味噌汁」です。
見た目失敗ですが、味はまあまあ。

Lento

  • 2009/02/13 20:11

夫婦の夕食
ファイル 619-1.jpg
【妻】
久々に午前中いっぱい寝てしまったが、まだまだ寝れます。
ただ寝ないだけです。もう大人だから。
ただ、半日寝ると一日がすぐ終わってしまう上に、なんだかだらだらモードが抜け切れず、せっかく起きていても寝てるも同然なんです。
しょうがないので夕ご飯ぐらいしっかり作ろうと思うのですが、作りすぎてしまうのです。
「鶏のしそチーズフライ」「カブのくず煮」「酢の物」「長いもの磯部巻き」「ご飯」「なめこ汁」


【夫】
しそチーズフライだと、なにをかけるか迷います。ソースもうまいけど、醤油もよく合います。
でも結局、塩に落ち着きます。

偽典ポテト転生

  • 2009/02/12 20:52
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 618-1.jpg
「ポテトのハンバーグ」「にんじんの豚こま巻き」「えのきと春菊のおひたし」「ごはん」「たまねぎスープ」。
ポテトのハンバーグうまいけど、よく考えたらどうみてもただのマッシュポテト焼きです本当にありがとうございました。
いや、たまねぎのみじん切り入ってたり、結構手がかかってるんです。ナツメグも入ってるし。あと牛乳パン粉。
豚こま巻きはなぜか今までつくったことがなく、初挑戦です。思ったより簡単なので、今後頻出すると思います。要チェックです。
関係ないけどK氏がわざわざ「今日我が家はカレーです」とメールに書いてくれました。みんなもっとカレーを食べるといいと思います。


【妻】
なんだかとても寒い。一人で寒い寒い言ってた訳だがなかなかみんなの理解が得られない。挙句の果てに今日は暖かいなどといいだす始末。しょうがないのでもう今日はお風呂に入って寝ます。

黒呼称の必要

  • 2009/02/11 20:46
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 617-1.jpg
先日、ドキッ!男だらけの鍋大会の時にS氏がつくってくれたカルボがおいしかったので真似してみた。
なんか同じようにできないなぁ。やたらファンシーな仕上がりになってしまった。
「メレンゲたっぷりふわふわカルボナーラ」「サラダ」「にんじんスープ」。
最近カルボはフェットチーネだぜ。


コメントへのおへんじ


>7日の鍋で、一品持ち寄りにビニール紐とガムテを持って来て頂いてありがとうございました。後日おいしく頂きました。


【夫】
次はちゃんとしたもの持ち寄りますもう一回チャンスください。


【妻】
土日祝日お盆正月、まったく関係ない生活をしているはずなのですが、朝、祝日だと気づいたとたんやる気がなくなり、早めに出かけたかったのについだらだらしてしまい、つい仕事を始めるのが遅くなってしまった。
そして結果、祝日なのに遅くまで働くことになってしまうのです。
自業自得なのです。

閑居する小人

  • 2009/02/10 20:35
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 616-1.jpg

【妻】
一日家にいたら、つい朝ごはんをしっかり作ってしまった。
朝食が遅めの重めだったのに、そのまま普通にお昼を食べてしまった。
そのうえ、ついなんだかいろいろお菓子を作ってしまった。
かつ作りながら、おせんべいとかつい色々つまんでしまった。
お菓子はレシピとおり作ったら、甘くなりすぎてしまった。
さらには、夕食まで気合をいれてつくってしまった。

なんだかおなかパンパンや。

夜は「鶏手羽元の香草焼き」「サラダ」「きのこのソテー」「コンソメスープ」「ごはん」


【夫】
家でだらだらしてたら、なんかお菓子とかがいっぱい出てきた。ラッキーだわ。得した。結婚してよかった。
香草焼きはなかなかうまいが、肉部分がわりと少ない。

鶏肉の香草焼き

  • 2009/02/10 20:21
  • カテゴリー:

ファイル 615-1.jpg
【材料】
・鶏手羽元 8本 
・塩、こしょう、ローズマリー、パセリ、ローリエ 適量
・はちみつ 大匙1
・白ワイン 適量
・オリーブ油 適量

付け合せ
・じゃがいも、人参、ミニトマト、ブロッコリー、アスパラなど


【作り方】
ファイル 615-2.jpg
1、鶏手羽元に塩コショウをもみこみ、ローズマリー、パセリ、ローリエを加え、白ワインを振りかけ、30分ほど漬け込む。

2、1を電子レンジで5分加熱する。付け合わせのジャガイモも一緒に加熱しておく。

3、2の鶏手羽元にはちみつをかけ、クッキングシートを敷いた鉄板に並べ、上にローズマリー、パセリ、ローリエを並べなおす。

4、3の横に付け合せのジャガイモと下茹でしておいた野菜類を並べ、全体にオリーブ油をふりかけ、200度のオーブンで18分加熱する。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

2009年02月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
- - - - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

新着エントリー

2017/01/09 22:07
不正
2017/01/08 22:21
日進月歩
2016/07/03 22:55
贅沢
2016/04/30 20:55
ひさしぶり
2016/03/29 23:44

過去ログ

Feed