エントリー

2012年11月の記事は以下のとおりです。

ちかくてとおい

  • 2012/11/20 22:07
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 2005-1.jpg

【妻】
おでんの汁がいい感じだ。
ぜひとも汁かけごはんにしたいところ。
だかそんなときに限って、消費しなければいけないものがあったりして優先順位的になかなかうまくいかない。ご飯炊いて汁かけるだけなのに…
やっと半端だった主食類も整理できて、今日こそ!ってときに限って帰れない。毎度の事ながら。
結局ささっと食べれるようにゆでうどん買って帰宅。
「おでん」「うどん」「グリーンサラダ」「ホットもやし」


【夫】
昼間ひさしぶりに外食したのでここぞとばかりにうどんを食べた。しかも先日自分で天ぷらを揚げたときにoutしたエビ天つき。うまかった。
帰ってきたら夕飯もうどんだった。
うどんが好きで本当に良かった。

開帳

  • 2012/11/19 21:43
  • カテゴリー:

【夫】
夫が温めなおした夫の夕食
ファイル 2004-1.jpg
「おでん」「サラダ」「焼き茄子」
そういうわけで始まりました漏水修繕工事。
ファイル 2004-2.jpg
思ったよりも絶賛破壊中。寒々しい感じになってまいりました。
でもまあ電気も水も使えるし、壁とか天井の一部が無いと言うだけの話であって、生活に実質的な支障はない。
むしろ大掃除のきっかけになっていいかもしれない。

【妻】
遅番を終え帰宅したところ、このような様となっており、一瞬順応できず落ち込む妻。
夫さんに「生活に実質的な支障はない」といわれなるほどそうだが、なかなかそうも割り切れたものでもない。
「落ち着かない」というのはなかなかの負担だ。
とばかりも言っていられないので「デザイナーズマンションかコンセプトマンションのようだ」と思い過ごすことにした。

デザイナーズだかコンセプトだかのおしゃれマンション。夜は寒い。

直前

  • 2012/11/18 23:45
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 2003-1.jpg
【夫】
三か月前から絶賛天井開口中の我が家ですが、明日から修繕工事が入ります。よって、ダイニングをすっからかんにしなければならない。妻が朝から絶賛片付け中。私は絶賛外出中。かえってきたらだいぶ片付いていました。
そして明日から少しの間あんまりキッチンを使わなくて済むように、妻がおでんを作りました。

【妻】
工事の予定が少し早まったこともあり、朝から大急ぎでお片づけ。
まずは台所に取り掛かるわけですが、台所にあるものの大半は「きえもの」ということで、一部はおでんの種として鍋へ、一部は明日からのパン生地の中へ、一部は昼食として妻の胃袋へと納まることとなるのです。
整理したら随分片付いた。
明日からの工事にに間に合いそうでよかったです。
「おでん」「金平」(残りの)「ぱりぱり麺のせサラダ」「炊き込みご飯」「うどん」

ちくわinえびout

  • 2012/11/17 23:29
  • カテゴリー:

夫が揚げた夫の夕食
【夫】
ファイル 2002-1.jpg
「うどん」「ちくわ天」「なす天」「かぼちゃ天」「れんこん天」「ほうれん草のお浸し」。
天ぷらめんどくさい。
何がめんどくさいかというと、大根をおろすことでも油の後始末でもコンロの掃除でもなく、カロリー計算。せっかく天ぷら揚げるのでいろいろ食べたいが、そこは何を食べて何を我慢するか。今日はエビとかき揚げを我慢。れんこんと長いちくわを採用。天ぷらの油だけで90kcal程度に抑えたつもり。ちなみにうどんは2/3玉です。
実は計算するとちょっと多かったので、ちくわ天を写真撮影後に切って半分だけ食べ、残りの半分は妻に残しました。つまり妻はカロリー調整要員です。


【妻】
おなかをすかせて帰宅すると妻大好き!竹輪とかぼちゃのてんぷらが!
夫さんがくれるというので、ありがたく、塩でいただきます。
牛乳をあてに、てんぷらをいただく夜11時。
さすがにいかがなものか、とはおもう。

相性

  • 2012/11/16 21:47
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 2001-1.jpg
今日は妻に揚げ出し豆腐と豆腐ハンバーグと麻婆豆腐の三択を迫られたので、豆腐ハンバーグをつくってもらった。
白飯だったら麻婆豆腐だったけど、炊き込みご飯が残っているというので豆腐ハンバーグ指定。ハンバーグは何とでも合うのだ。麻婆豆腐だったら、どうしても白飯を最後に投入したくなるのだ。
ちなみに蕎麦かうどんだったら揚げ出し豆腐。


【妻】
豆腐ハンバーグのついでにとにかく色々おろして投入。通常の炒め玉ねぎの他、おから、ごぼう、なす、レンコンが入っております。色々入れた結果量が多くなってしまうのは世の常です。
とりあえず2個よそって残りは翌朝の朝食に。
あと、煮込みハンバーグにしたのですが、煮込みすぎで、結局ただの「濃厚ソースのかかった下味しっかり豆腐ハンバーグ」になってしまいました。
あとは「おからのポテサラ風」「かぶのポタージュ」「炊き込みご飯」
せっかく豆腐ハンバーグ、おからサラダときたのだから、ポタージュも豆乳使えばよかった。

ファイブスター

  • 2012/11/15 21:55
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 2000-1.jpg
【夫】
昼は一人でささみをフライにしてキャベツの千切りと一緒にトーストに挟んでマヨネーズとソース多めにかけてベランダで雲を見ながら食べたらおいしかったので世はすべてこともなし。
夕食は妻が作った炊き込みご飯。ほのかに五香粉の香りが。五香粉好きだ。


【妻】
手作りももちろんよいのだが、インスタントだって大好きだ。
インスタント食品にだって作り手がいて、その人の「おいしい」とアベレージとしての「おいしい」と、「コスト」とか「保存性」とか、あと消費者が知らないようなたくさんの基準と戦って作られているんだと思うと胸が熱くなる。
つまりは「マルタイのつけ麺シリーズ」がたいそう気に入っていて、それをおいしく食べるためにチャーシューと煮卵を作るわけだが、大抵肉も煮汁もあまる、という話。

残ったチャーシューと煮汁で「中華おこわ」。銀杏が入ると一気にそれっぽくなる。
あとは「チンジャオーロース」と「サラダ」と「小松菜と揚げのスープ」

トリックアンドトリート

  • 2012/11/14 21:53
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 1999-1.jpg
【夫】
おお、鍋にかぼちゃが入ってる。なんだこりゃ。
と思ったけど、妻が「例えばほうとうにはかぼちゃが入っている」と述べたのでなるほどと思った。
かぼちゃでもなんでも、鍋に入れるとおいしい。


【妻】
挽肉は塩入れてよく練って冷蔵庫にある色々をとにかく刻んで入れればなんとかなるので最強です。
今日は結局レンコンとごぼうとおからと玉ねぎをいれました。
白菜と鶏肉団子でなんとなく鍋の中が白っぽくって寂しいなあとおもったのでかぼちゃ投入。いっきに見た目が締まった気がします。
冷蔵庫にあったうどんも入れて、「塩ちゃんこ鍋」。箸休めに「もやしのカレーマヨネーズ和え」
「肉団子鍋」という単語がどうやら妻の中には存在しないことに今日気がついた。

Novum Organum

  • 2012/11/13 23:11
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 1998-1.jpg
【夫】
上下巻の小説の、上だけ読んで下に手がついていない状態です。別の小説を図書館で借りてしまったので、下は後回しになっていました。
しかし借りた方の小説は読み終わりました。
下を読もうと思ったんですけど、妻に勧められたまた別の小説を新たに読み始めてしまいました。その上図書館に本を返しに行って、全く関係ない小説をしかも二冊衝動借りしてしまいました。
上のストーリーを忘れました。

【妻】
nasi lemakが残っているので引き続きエスニック。
粉をまぶしてレンジにかけるだけの簡単から揚げ(市販の粉使用)なのだが、盛り付けで「ayam goreng」と言い張ることにします。
あとは「もやしとにんにくの芽の炒め物」「サラダ」「スープ」
結局チリソースとブラックペパーソース最強というお話。

ものは器で食わせる

  • 2012/11/12 23:23
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 1997-1.jpg
【夫】
わー、100g弱のnasi lemakを普通の御飯茶碗に入れて出されたー。こんな体験生まれてはじめてだー。
マジうちの妻こういう部分があって困る。如何なる薬籠用いてさへ終には治らざらむ。
ところで、イナバのエスニックのシリーズはおいしい。


【妻】
冬瓜の煮つけが器にもりもりになってしまって、こんな状態の写真を公開するのはずかしいわぁと思っていたらnasi lemakの方突っ込まれた。
だってどうせガパオ掛けごはんにするのだから、皿よりお茶碗のほうが食べやすかろうて。
いなばのエスニックシリーズより「バジルと鶏そぼろ炒め(ガパオ)」「トムヤムスープ」あとは「Tauhuサラダ」「空芯菜炒め」「Ikan Bilis」「冬瓜の煮付け」「nasi lemak」
久々にミックスライス風。今回は各皿とりわけていますが。

マントまん

  • 2012/11/11 23:26
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 1996-1.jpg
【夫】
くっ……。
夕食がたこ焼きなのを知っていれば、昼あんなにたくさん食べなかったのに。今日は悔いの残るたこ焼きだ。

【妻】
ひさびさに「たこやき」をやったら、鉄板に油がなじんでいなかったのと腕がにぶっていたのでなかなか旨く焼けなかった。(味はよかった)
ちょっと悔しいなと思いながらの2回目は勘がもどって随分上手くできた。せっかく上手にできた2回目写真をおみせできないのが残念です。
「たこやき」「サラダ」「スープ」「冷奴たべるラー油かけ」


コメントへのおへんじ
> コメントのお返事へのお返事:昔、京唄子・鳳啓助と言う関西漫才コンビが「忘れようとして思い出せない」というフレーズをよく言っていたのを思い出した。気に入っていたのでいつか使おうと記憶していたが忘れてしまった。


【夫】ややややこしいんで、父上にはコメントへのお返事のお返事は自重していただきたい。
京唄子・鳳啓助なつかしいですね。「おもろい夫婦」おもろかったですね。個人的には蝶々・雄二のほうが記憶に残ってますけど。ラジオ漫才学校とか。エンタツ・アチャコのトーキーなんかも昨日のことのようによく記憶しています。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

2012年11月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

新着エントリー

2017/01/09 22:07
不正
2017/01/08 22:21
日進月歩
2016/07/03 22:55
贅沢
2016/04/30 20:55
ひさしぶり
2016/03/29 23:44

過去ログ

Feed