エントリー

2013年03月の記事は以下のとおりです。

麩における美的原理

  • 2013/03/21 22:45
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2126-1.jpg
今日は何風にしようかと考えながら作ったら結局よくわからない献立になってしまった。
「ミックスノン麩ライ」「ねぎぬた」「アスパラガスのピーナッツバター和え」「きゅうりの自家製ピクルス」「ごはん」「かぶの味噌汁」。
フライは、お麩です。車麩と観世麩と仙台麩。しかも揚げずに衣をつけてオーブン。ボリュームと満足感はあるけど、このレシピは駄目だ。煮た麩と衣がうまく噛みあってない。
……なぜ適当に「おいしかった」とか書かずに正直に感想を書くかというと、後から自分で見直した時にわかりやすいようにです。未来の自分に向けて書いているのです。近代の再帰性です。
ピクルスはなかなかおいしい。


【妻】
妻と妻の母の食卓
ファイル 2126-2.jpg
昨日昼食べた新じゃががおいしかったので、新じゃがおいしい新じゃがおいしいと
いい続けていたら夜も作ってもらえた。いってみるもんだ。
「皮付き新じゃがの揚げ煮」「豚の生姜焼き」「野菜の中華風旨煮」「蒸しかぼちゃ」「ごはん」
生姜焼きも小間肉じゃなくて生姜焼き用の厚めのスライス。食べ応えまんてん。とはいえちょっと
野菜が足りなくて、「ちぎりキャベツ」ちょい足し。
ですが、やっぱり今日のMVPは新じゃが。

朝食のベルは二度鳴る

  • 2013/03/20 21:38
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2125-1.jpg
昨日は花見のお弁当"風"だったので、今日は朝食"風"の夕食。全っ然、意味ないけど。
「鮭の塩焼き」「納豆」「野菜の適当たきあわせ」「シラスと大根おろし」「適当サラダ」「ごはん」「大根の味噌汁」「たくあんとかまぼこ」。たくあんとかまぼこは、昨日のネタのために買ったけど明らかにもてあましてます。
ちなみにほんとの朝食はパン食です。

【妻】

妻と妻の両親の食卓
ファイル 2125-2.jpg

ラジオも新聞も持ち込まずテレビも使わなかったため、外部からの情報から遮断された病院での
生活にすっかり慣れて以来、情報のない生活に慣れてしまった。
時間はあるのですが、まだ体力がなく、ゆっくり新聞を読む気になりません。
が、広告が楽しい。
折込広告を熟読する日々。特になにが欲しいって分けでもないし、まだ買い物には出られそうもないけど。
夜は「グリンピースごはん」「筑前煮」「がんもといかの煮つけ」「カボチャの煮つけ」「冷奴」

桜の山盛りの満腹の下

  • 2013/03/19 20:27
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2124-1.jpg
落語に出てくる食べ物シリーズ。
なんかもう桜が開花したってことなので、『長屋の花見』から、「たくあん」「こうこ」「お茶」。
で、せっかくなので弁当風にしました。「本物の玉子焼き」「本物のかまぼこ」「ピーマンとごぼうのきんぴら」「野菜のハム巻き」「もやしの紫蘇あおさ和え」「おにぎり」「インスタントみそ汁」。
たくあんだけ市販のです。
お重を物置からひっぱり出してきて、ここまでして、普通にリビングで一人で食べるという……。
えらい量に見えますが、実はスカスカだし、ハム(1枚)と玉子(1個)とかまぼこ(40g)と米(50g×3個)以外は野菜なので、炒め油だの胡麻だの入れても500kcalいってないはず。
おなか一杯になりました。


【妻】
妻と妻の母の食卓
ファイル 2124-2.jpg
三時間ごとに寝たり起きたり。こどもとほぼ同じサイクルで生活しております。
家事も母におまかせ。ちょっとしたニートです。
一回一回の睡眠時間は短いですが、回数は立派なもの。
寝ないときは寝ないで済むものですが、寝れるときは寝れるもんだ。
「鮭のクリームシチュー」「おからサラダ」「菜の花の浸し」「こんにゃくの金平」「ごはん」

腹が減っているだけなんだ

  • 2013/03/18 22:19
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2123-1.jpg
「うーん……テリーヌとムースでゼラチンがダブってしまった。」「このシリアルは正解だった。野菜づくしの中ですっごく爽やかな存在だ。」
……はいいけど、失敗したー。テリーヌもムースも固まらなかった。テリーヌはゼラチン不足、ムースは型が大きすぎ、だと思う。
「野菜のテリーヌ」「ほうれん草とシリアルのムース」「かつおのたたきのニンニクと醤油のヴィネグレットソース」「玉ねぎとにんじんのスープ」「水菜サラダ」。
テリーヌとムースはこんな。
ファイル 2123-2.jpg
慣れないことすると失敗するのう。


【妻】
妻と妻の両親の食卓
ファイル 2123-3.jpg

母に聞きながら聞きながらで、徐々になれつつある、気がします。
うまく時間をつくって、うまく休むようにするのがいまのところの課題。
今日は録画しておいて気になってた番組がやっと視れたのでスッキリ。しかもまさかの「味噌蔵」。
あまりにタイムリー。
夜は「カジキの照り焼」「おから」「がんもの煮つけ」「鶏レバー」「ほたるいか」「ごはん」
なんとなく足りなくて妻だけ「ちぎりキャベツ」追加。

出会いは突然に

  • 2013/03/17 20:41
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2122-1.jpg
イエス!特売ナイス!!牛肉の特売探しに行ったらかつおのたたきの特売に出会った
「かつおのたたき」「玉ねぎとかつおぶしの山盛りラダ」「かぶとにんじんのあんかけ」「お麩のお吸い物」。
たたきうめぇ。さすがに多かったから半分は明日にまわすけど。
そして牛肉買うの忘れた。


【妻】
妻と妻の両親の食卓
ファイル 2122-2.jpg
緊張と夜泣きで眠れたような眠れないような一晩。
病院の夜泣きでは、同室者に申し訳ないとあせりもするのですが、同時にすぐ授乳室やナースステーションにいけば助産師さんとか同じようなママさんとかいて安心できました。
自宅の夜泣きは、誰気兼ねなく泣かしておけるので余計な気遣いをしなくてもよいのですが、同時に一人でなんとかしなきゃとか、間違ってないかとか気ももみます。
なんとか乗り切って、沐浴も少し慣れてきて二日目終了。
夜は「ポークソテー」「油揚げの炙り焼」「温野菜サラダ」「ほうれん草の浸し」「ごはん」

気づき

  • 2013/03/16 22:51
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2121-1.jpg
「鯛の酒蒸し」「人参とほうれん草の白和え」「海藻サラダ」「油揚げ焼いただけ」「ごはん」「大根の味噌汁」。
鯛の酒蒸しうまい。ぷりっぷり。いい味出てる。焼いて酒で蒸しただけだけど。振り塩を拭い忘れてしょっぱかったけど。
魚っておいしいな。(今さら)


【妻】
妻と妻の両親の食卓
ファイル 2121-2.jpg
無事退院。
というか、どきどきです。これからちゃんとできるものやら…
早速の授乳、沐浴。妻の両親を巻き込んで上を下への大騒ぎです。
夜は「(父が買って来てくれた)鯛の尾頭」「かぼちゃの煮つけ」「大根と竹輪の煮付け」「ほうれん草のお浸し」「すまし汁」「赤飯」
妻は家での生活に早く慣れるよう、社会復帰リハビリ開始。

初めて物語

  • 2013/03/15 22:40
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2120-1.jpg
初めて「ナポリタン」が上手にできた。
初めて「かぼちゃサラダ」をマヨネーズなしで作った。
あとは「適当サラダ」「ほうれん草スープ」。
初めて妻の「コーミソース」を料理に使った。

【妻】

妻の夕食
ファイル 2120-2.jpg
妻は午前中検査、午後は退院指導。子供は一日かけて検査。
退院に向け最終チェックといったところです。
何かと待ち時間がある日だったので、他のママたちとおしゃべり。
陣痛時の話となり、安産だった人も難産だった人もそれなりにエピソードがあり盛り上がる。
「ごはん食べるどころじゃない」「よくもったと思う」と難産ママさん。
「私はちゃんと食べれたけど、分娩前に食べ過ぎて戻すひともいるらしいよ」と安産だったベテランママさん。
「……それは、わたしです」と妻。
とりあえず問題なくクリア。明日母子一緒に無事退院の運びとなりました。
夜は「ごはん」「すき焼き風」「キャベツの酢の物」「ミートボールのスープ煮」「スペイン風オムレツ」

オーヴァーロード

  • 2013/03/14 22:03
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2119-1.jpg
チェーンのうどんやさんが結構好きでたまに行くのですが、ダイエットのし過ぎで小食になったので、いままでSサイズを食べてたんですね。
こどもも生まれたし4月からの予定も決まったし何となく気分が大きくなってMサイズとかき揚げと鳥天ぷらを食べたんですね。
腹 が 重 く て 動 け ず 。
ちょっと、うどんのMと天ぷら二つでこの満腹感って、燃費がいいと言うか……情けないというか……。
でも後でカロリーを確認してみると、いつもの私の二食分あるんですよね。だから理にかなっている。
そういうわけで夜はできるだけ低カロリーで。「チキンデミグラスシチューの残り」「適当サラダ」「白菜とほうれん草のレモンバターソテー」「えのきのコンソメスープ」。

【妻】

妻の昼食
ファイル 2119-2.jpg

本日は、妊婦さん待望の「お祝い膳」の日でございます。
産後2~3日経ち、落ち着いたあたりででるお祝いのお食事です。
セレブ医院では家族そろってフレンチフルコースなんてところもあるようですが、妻が入っているような
一般的な総合病院ではだいたいこんなところ。
「鯛の尾頭付き」「冬瓜のくず煮」「ブロッコリーの和え物」「ゆかりごはん」「花麩のすまし汁」「フルーツ盛合わせ」「プリンタルト」
食べながら原価のそろばんをたたいてしまう職業病。
とはいえ、助産師さんが気を使ってくれ、今日はお昼食べてる間子供を預かってくれたのでゆっくり食べれました。


妻の夕食
ファイル 2119-3.jpg
夜は「たらの甘酢あんかけ」「中華風煮びたし」「菜花とツナの和え物」「もやしとウインナーのカレーソテー」「ごはん」

主役代行

  • 2013/03/13 21:26
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2118-1.jpg
夕食何にしようかといつも割と悩むのですが、今日はなんとなく朝からビーフシチューにしようと思ってたんですよね。
で、玉ねぎとか買って帰宅したんですよね。
で、冷蔵庫見たら、
ビ ー フ  が な い 。
「チキンデミグラスシチュー」「適当サラダ」「もやしスープ」「ほうれん草のソテー」。
今日はチキンで間に合わせ。
♪牛肉の特売よ来い。は~やく来い。

【妻】

妻の夕食
ファイル 2118-2.jpg

いまどきの産院はサービス勝負。
なかでも特に話題になるのは食事。正直、自分がやることを想像するとぞっとするレベル。自分の勤める病院に産科がなくて、本当によかった。
私の入っている病院は総合病院で凝ったサービスよりもどちらかといえば救命救急、異常分娩対応を得意とする感じ。お食事は「普通の病院食」といった感じです。
なんですが、産科には週1回、朝食バイキングがあるとのこと。
で、早速参加。
パン、野菜、サラダ、スープ、卵やウインナー、スムージーにフルーツにデザート。ちゃんと保冷保温でサーブできるようになっていて、器もホテルのビュッフェみたい。
サンプル整理や棚卸し、さまざなな身に覚えのある裏事情を想像しつつもなかなか楽しめました。
夜は「ごはん」「卵とじ」「いさきの照り煮」「浸し」「ジャージャー麺」

凡庸な食卓

  • 2013/03/12 22:15
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2117-1.jpg
出生届け提出してきたー。問題なく受理。
「ミニジャージャー麺」「エビチリ」「もやしとメンマのサラダ」「えのきスープ」。
子どもが生まれても特にごちそうということもなく普通の夕食。でもエビチリはあまり作ったことのない料理なので珍しい献立かも。
だいたい今日のレシピでいいけど、片栗粉も豆板醤も多すぎたかな。
ごちそうはまた日をあらためて何か考えよう。

【妻】

妻の夕食
ファイル 2117-2.jpg
子供を連れ院内を歩いていると、見舞いのご家族や出産を控えた割と元気な妊婦さん、付き添い家族が
「かわいい かわいい」と足を止めてくれます。
そっか~、客観的に見てこの子はかわいいのか~。ど~りで~。あ~でも私は親ばかじゃないもんね~。
って調子だったんですが、日本語の「かわいい」には「小さい」のニュアンスも含まれていることに冷静になって気づく。
ってことは、これがかの有名な親ばか、なのか!?
夜は「ごはん」「豆腐の炒り煮」「竹輪の煮つけ」「冬瓜の卵とじ」「いんげんのピーナツ和え」

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ユーティリティ

2013年03月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

新着エントリー

2017/01/09 22:07
不正
2017/01/08 22:21
日進月歩
2016/07/03 22:55
贅沢
2016/04/30 20:55
ひさしぶり
2016/03/29 23:44

過去ログ

Feed