エントリー

2012年12月の記事は以下のとおりです。

終わりの始まり

  • 2012/12/11 22:18
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 2026-1.jpg
【夫】
昨年の暮れは家にいなかったので今年は大掃除をしようと思っていますが、思っているだけ。
ということになりそうなので、とりあえずリビングの窓ふきしました。
でも始めたことに満足して終わりそう。
鍋おいしい。


【妻】
「さっと目を通して捨てる」予定の資料をささっと紙袋にまとめた、あたりまでは順調だったが、そこで完全に止まってしまった…。
しまいこんでしまうとやらなくなるパターンの奴、と思って目に付くところに出しておくのだが…主に邪魔。
目の前の紙袋につむり。
「キムチ鍋」「大根とセロリ、きゅうりの昆布茶和え」「ごはん」

黙阿弥

  • 2012/12/10 23:01
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2025-1.jpg
寒い日はいつも鍋になってしまうので少し自重していたのですが、今日のように寒いともう鍋しか考えられない。
「ノンコンセプト鍋」「ごぼうのほくほく揚げ」「きゅうり」。
ごぼうは衣つけてカリッと揚げるとうまいです。


【妻】
キャベツが安いのでつい買ってしまう。
たくさんあるとつい大量に食べてしまう。
大量に食べるとすぐなくなるので、また買うことになる。
買い物にいくたびキャベツを買ってる気がする。

レパートリー

  • 2012/12/09 23:55
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 2024-1.jpg
【夫】
先日なんとなくLaksamの話をしたら、妻が早速調べて見よう見まねで作りやがった。
Laksamとはマレー料理のひとつで、くるくる巻いた平麺。マレーシアで何度か食べました。夫は非常に好きなんですけど、クアラルンプールではあまり見ない印象。
まあ妻の作ったものは再現度でいえばそれほどでもないんですけど、これはこれとしてうまい。この新しい出汁は別のことに使える。


【妻】
夫さんの話と何人かのマレーシア関連サイトをまわった結果、このような結果になった。
麺はもちもちしてそれはそれでおいしいが、予定してたのとは違う…。違うが味はおいしいので臆さず夫さんにだす。
出汁は贅沢に一人あたりアジ一尾使用。
「Laksam 妻風」「切干大根のサラダ」「いんげんのピーナツ和え」「冷奴」

干物定食

  • 2012/12/08 22:58
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 2023-1.jpg

【妻】
素敵テーマ食材があると一気に献立を考えるのが楽しくなります。
(いただいた)「アジの開き」「いかの一夜干し」「おから」「小松菜のお浸し」「酢の物」「ふきの葉の金平」「ごはん」「味噌汁」
小鉢一杯。
テンションがあがったので味噌汁は久々に西京味噌で「豆腐の味噌汁」


【夫】
実家から届いた魚がうまい。
実家から届いたものは大概うまい。
しかし大漁すぎて、ただでさえいつも満杯な我が家の冷蔵庫と冷凍庫が水族館のようになっとる。

君子

  • 2012/12/07 20:17
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2022-1.jpg
「ナスと玉ねぎとひき肉丼」「にんじんともやしのマヨマスタード和え」「小松菜のおひたし」「味噌汁」
最近夫のお気に入りはマスタードです。なんにでもマスタードをつけます。朝のウィンナーはマスタードをかけてトーストに乗せて食べます。うまい。
でもそれをやるにはいつものトーストがちょっとマスタードの味にあっていないので、そのうち夫の凝り性が発動して手作りパンに手を出すんじゃないかと我ながらひやひやしています。
パンは奥が深そうなので、嵌ると抜け出せないんじゃないかと。

【妻】
スーパーであじの干物をみかけ、めったに食べないのですが、みたら食べたくなって購入。帰宅したら、夫さんの実家からおいしそうな干物が色々届いていた。
奇跡だ~!
自分が買った奴はちょっぴりしょぼいのでこっそり冷凍。

わんぱくでもいい

  • 2012/12/06 20:07
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 2021-1.jpg
うちの妻は昭和の生まれだからか脳みそのサイズが謙虚だからか知りませんが、大きいことはいいことだと考えている節があり、餃子といえば100個作るしカレーもおでんも寸胴で作るのですが、とうとう茶碗蒸しを丼で作る段階に突入したので末期症状です。
私は昭和の生まれで脳みそのサイズがはっぱふみふみなので、でっかい茶碗蒸しに大喜びなのです。
以上。


【妻】
蒸し器がね、あと茶碗蒸し用容器もね、丁度よいのが無いのよ。
だから大きなどんぶりでまとめて一個つくることうになるのよ。
普通に茶碗蒸しすると、具を色々用意したりしなきゃいけなかたりして手間だから、具なし茶碗蒸しにたっぷり野菜あん。
期せずして、「大きいし、餡がかかっているので冷めにくい」と便利。
「しらす丼」「茶碗蒸し野菜あんかけ」「春菊としめじの和え物」「ふきと油揚げの煮付け」「お麩の味噌汁」

大人の階段

  • 2012/12/05 20:05
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 2020-1.jpg
【夫】
妻が、「焼売を手作りする」を通り越して「よくわからない焼売を手作りする」段階に入りつつある。
でも焼売って意外と何入れても変な感じがしない。
うちの焼売はそもそも柔らかいので、ちょっと歯ごたえのあるものが入るとちょうど合うのかもしれない。


【妻】
いや~ちょっといい飲茶とかだと慈姑とかよく入ってるじゃん。
今日はレンコンだけど。 
おいしい焼売をちょっとでも低カロリーで安心してたらふく食べれたら素敵じゃん。ちょっとやわらかくなっちゃうけど。
本日の焼売は、豚肉1/2OUT、代わりに干し貝柱、椎茸、えのき、えりんぎ、れんこん、玉ねぎIN
ありはありだが、一種類30個ってのは…。自分でやっといてなんだが食べてて途中で若干だれる。
「レンコン入り焼売」「5種の野菜の塩あんかけ炒め」「春雨スープ」

運否天賦

  • 2012/12/04 19:59
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2019-1.jpg
「塩焼きそば」「白菜スープ」「きゅうりの塩昆布和え」
やっぱり塩焼きそばにはエビだな。豚肉よりそれっぽく仕上がった。
イカとかホタテとかあればもっと良かったけど、そんな贅沢なのはいらない。エビで十分満足な男、それが夫。


【妻】
ここのところの冷え込みに、とうとう我が家でもゆたんぽシステム開始。妻のテレビタイムの懐炉代わりに、お布団の温めに、朝の洗顔のお湯に大活躍。
コーヒーを自分で入れてそのまま忘れてしまう夫さんも、昨日買ったことをすっかり忘れて「コーヒー豆、安かったよ~」ともっかい買って来てしまう妻も、朝、洗顔時に湯たんぽをもっていくことは忘れません。

お休みの日

  • 2012/12/03 21:00
  • カテゴリー:

夫婦の夕食
ファイル 2018-1.jpg

【妻】
「とろまぐろの炙り焼 焼野菜添え」「蒸し野菜」「なめたけ卸し」「ごはん」「味噌汁」
イメージしたものが、安価にイメージ通りできた。
半日かけて魚を塩で〆て、下味つけて。調理は炙って切るだけの若干8分。
前日や午前中はやる気があるが、当日午後はぐずぐずの休日にぴったり。


【夫】
まぐろのあぶり焼きを塩で試してみたが、あまりおいしくない。
にんにく醤油が一番うまいな。

ブランク

  • 2012/12/02 22:38
  • カテゴリー:

【妻】
調子に乗ってがっつり残業しまった。
半年振りくらい、かもしれない。
目の疲れがはんぱじゃない。
夜8時を過ぎた辺りから、かなりあやしい。
ここから細かいExcelの表チェックしなきゃいけないのに…。
こんなんでしたっけ、わたし…。


【妻】
ファイル 2017-1.jpg
寒い。
やるなら鍋しかねー(北の国から)
昨日の餃子の余りがあるので、鍋にぶち込んだ。「餃子入り鍋」「サラダ」。鍋で強制的に体を温める作戦。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ユーティリティ

2012年12月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

新着エントリー

2017/01/09 22:07
不正
2017/01/08 22:21
日進月歩
2016/07/03 22:55
贅沢
2016/04/30 20:55
ひさしぶり
2016/03/29 23:44

過去ログ

Feed