エントリー

2013年03月の記事は以下のとおりです。

報告

  • 2013/03/11 22:04
  • カテゴリー:

【夫】
えーっと。
昨日夜、妻が無事出産いたしました。
玉のような男児です。
本日朝から妻の実家に見物に行きました。母子ともに元気ですので各位ご安心ください。
父親になった実感は全くありませんが、なかなかかわいいもんです。しかしながら、うちの父と妻のお父さんのメロメロっぷりに私は少しひきました。うちの母と妻のお母さんは子育て談義に花を咲かせていました。


そんでとんぼ返りで帰ってきて、
夫の夕食
ファイル 2116-1.jpg
「豚肉のねぎ塩炒め」「サラダ」「小松菜のおひたし」「ご飯」「大根の味噌汁」。
夜遅くなったのでシンプルにおいしいものを。


【妻】

妻の夕食
ファイル 2116-2.jpg
「妻さん、授乳お願いします」
全く寝れないままの、出産翌日の朝6時、助産師さんよりコール。育児開始、まったなし。
朝6時から、着替えだの育児だの授乳だの教えてもらい、10時からは本番。母児同室、24時間赤ちゃんと普通に一緒に生活します。
もちろん診察とかお風呂とか用事があるときは育児室に預けることができるし、助産師さんにサポートしてもらってのことですが。
午後は夫さん、夫さんの両親も来てくれご対面。
とりあえず元気な姿を見てもらいひと段落の気分です。
昨日に引き続きあわただしく一日が終了。
ごはんは今日から妊産食「ごはん」「味噌汁」「ミートボールミルク煮」「シルバーのたまり漬け」「ほうれん草の
浸し」
ごはんは250gと山盛りです。

記念日

  • 2013/03/10 22:16
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2115-1.jpg
昼間、ハッピーターンの粉かなんかが舞っていたらしく、外が真っ黄色だった。むせた。
「鱈の野菜あんかけ」「里芋の土佐煮」「ほうれん草の胡麻汚し」「インスタントみそ汁」。
明日はいろいろ書くことが多そう。


【妻】
「出産とわたくし」

夜からなんとなく陣痛らしきものが強まってきました、が、シャワーをあびた上に朝は完食。
朝食食べ終わった頃陣痛の間隔が狭くなってきました。が、同時に羊水も減ってきているとのことで子供の負担を考え陣痛促進剤使用へ。
とはいえ、陣痛の隙間をぬって昼食を完食するわたくし。
「おむすび」「のり」「サワラのたまり漬け」「じゃがいものとさつまあげの煮つけ」「チキンソテー」「くだもの」「ゼリー」

そして17時、分娩室へGo。
分娩室に運ばれてくる夕食。夕食から分娩室で陣痛の隙間をぬってみかんを食べるわたくし。
夕食写真、助産師さんに写メで撮って置いてもらうようお願いしてもよいのだろうかと迷うわたくし。
そして19時15分。無事出産いたしました。
出産後、妻の入っている病院では「カンガルーケア」と言って、2時間ほど生まれたばかりの赤ちゃんと過ごす時間が設けられています。カンガルーケア中、あまりにおなかがすいたので母に「シュークリーム」と「ナイススティック」を買って来てもらいそのまま分娩室で赤ちゃんを抱きながら食べるわたくし。(ホントは小倉マーガリンが食べたかったのですが、残念ながら売り切れだったらしい…)
そして22時全て終え、病室にはこばれ、そこで夕食を完食するわたくし。
夕食は陣痛食、「おにぎり」「揚げナスのみそかけ」「鶏胸肉の和え物」「キャベツの土佐和え」「みかん」「ゼリー」「あめ」

妻の夕食
ファイル 2115-2.jpg


エネルギー補給のためについている「あめ」こそは残しましたが、完食。

主従関係の

  • 2013/03/09 21:27
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2114-1.jpg
これ結構おいしいなぁ。「豆腐の生姜焼き」。片栗粉つけて揚げ浸しっぽくして。タレがからんでおいしい。
それと「白菜の博多漬け」。半日くらい漬けただけですけど。「山芋の焼き浸し」「水菜のおひたし」「ご飯」「インスタント味噌汁」
だが真にうまいのは、タレがたっぷり浸みたキャベツの千切り。


【妻】
妻の食卓
ファイル 2114-2.jpg

昨日からなんか調子がおかしかったのですが、朝起きるとどうもやっぱり変。
ということで病院にTELする朝7時半。
「それは破水です、直ぐ来てください。」
……ってことは、これは昨日から破水してたな…私…全く気づかなかった…
とはいえ、陣痛もこないし、のんびりご飯食べて用意して病院へ行く私。
即入院になりながらも、やっぱり陣痛がこないので昼食、夕食と完食しながら院内歩き回ったりバランスボールとか踏み台昇降とか陣痛促進運動してすごす私。
結局、暖かい病室でバランスの取れた食事を与えられながらぬくぬく、動物園のパンダのようにのんびりすごす妻なのでした~。
夜病院で陣痛食「おにぎり」「のり」「がんもの煮つけ」「温野菜サラダ」「豚肉のゴマ炒め」「果物」「ゼリー」「あめ」

中華はじめました

  • 2013/03/08 21:27
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2113-1.jpg
「中華おこわ」「大盛中華サラダ」「豚肉と玉ねぎのさっぱり煮」「ねぎの味噌炒め」「白菜スープ」。
おこわ食べまくってたら一合が三日で終わった。おいしかったのに残念。
中華サラダは春雨やきくらげ、紅ショウガなど、私が何気に好きなものがたっぷり使われています。自炊するとこういう微妙なものが好きなだけ食べられて溜飲が下がります。タレは醤油ベースに酢やレモン汁。要するに、冷えてなくて麺も無い冷やし中華みたいなもんです。中華だ。


【妻】
妻と妻の母の食卓
ファイル 2113-2.jpg

なんかすごいやつキタ~!!!
旅館みたいなヤツ。「ぬた」やるっていうから暇つぶしにだらだら酢味噌作ってる間にテーブルがなんか
すごいことになってた~!!!
「なんか旅館みたいなヤツ」「ぬた」「れんこんの金平」「もずく酢」「雑穀ごはん」「味噌汁」

で、あけたらこんな。
ファイル 2113-3.jpg


「なんか旅館みたいな鉄板焼」

葛藤

  • 2013/03/07 22:28
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2112-1.jpg
くっ……。私が鰻を見送っているときに妻は実家で穴子を召し上がってらっしゃりやがってるのか……。まあいい。こっちには中華おこわがある。
「中華おこわ」「かきたま中華スープ」「蒸し野菜」「玉ねぎのステーキ」「キムチ」。
ちなみに蒸し野菜のこのサーブの仕方は、一見きれいっぽくて目をひきますが、時間かかるし冷めるし特に実質的なメリットはないという、意味のない仕様。もうやらないと思う。


【妻】
妻と妻の母の食卓
ファイル 2112-2.jpg

昼食後こばらがすいたので適当にキャベツをちぎって適当にバリバリ食べてたら母が若干引いていた。
変だな…うちじゃスタンダードなのに…
夜は「かれいの味醂漬け焼」「ごぼうと豚肉の煮付け」「ポテトサラダ」「もずく酢」「ごはん」「味噌汁」
一通り食べた後、やっぱり少し足りなかったので、残ってたごぼうをポリポリ食べてたら、さすがに母はもう慣れた
模様。

うらみ葛の葉

  • 2013/03/06 21:06
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2111-1.jpg
昨日がんもどき作って『寝床』『甲府い』について書いたんですけど、『強飯の遊び』のこと忘れてました。別名『子別れ・上』。一個残しといてよかった。
というわけで今日は引き続き落語に出てくる食べ物シリーズ。『強飯の遊び』より「がんもどき」と「信太巻」。汁たっぷり。そして強飯は「中華風おこわ」にしました。どんぶりいっぱいできたので一回では食べきれません。野菜は「キャベツのからしマヨ」「白菜の梅ゆず胡椒」。四角く重ねてみました。思いつきなので正式な料理名は知りません。
碗は「大根の味噌汁」。
なお、『子別れ』と言ったら鰻ですが、今回は鰻は見送りました。ヒント:予算。


【妻】

妻と妻の両親の食卓
ファイル 2111-2.jpg

実家のリビングは南向きで窓が大きくて異様に暖かい。今日は特に暖かいが今日でなくても基本暖かい。
暖かすぎて、シクラメンとチューリップとハイビスカスが同時に咲いていたりする。
あと、おひなさまもまだ出ていて、お雛様とかぶとが同時に出ていたりもする。
さらだにそこでおやつに餅食べたりするのでもう完全に分けがわからない。
夜は「アナゴ丼」「味噌汁」「おから」「筑前煮」「お浸し」「モズク酢」

黒門町

  • 2013/03/05 21:01
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2110-1.jpg
落語に出てくる食べ物シリーズ。
「がんもどき」揚げてみました。
『寝床』や『甲府い』に出てきます。『寝床』はがんもどきの製造法のくだりも好きですが、番頭さんの必死の世辞で旦那の機嫌が治っていくくだりが好きです。たっぷり聞きたい。その点昔の(八代目の)文楽さんはすごい。
今回のがんもはと言えば、蓮も紫蘇も入ってません。ごぼうとにんじんとひじき。それと、胡麻たっぷり。つまり『寝床』仕様でなく『甲府い』仕様です。
それと「小松菜の辛し和え」「きゃべつときゅうりの梅おかか」「ごはん」「残り野菜の味噌汁」。


【妻】
妻と妻の両親の食卓
ファイル 2110-2.jpg


母がコーヒー豆のセールに行くというので、香りだけでも恩恵に賜ろうとホイホイついていったら休みだった…
でもまあお天気もよかったし、運動になったし、ちょっと遠回り。
掃除してお散歩してしっかり運動して、夜はしっかり「あなご天丼」「豆腐チゲ」「温野菜」「おから」「もずく酢」
「おから」おいしい「おから」

孤独のグルメ

  • 2013/03/04 22:18
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2109-1.jpg
「ラザニア」「春菊サラダ」「にんじんのグラッセ」「野菜のコンソメスープ」。
相変わらず思いつきフルスロットルの私の料理
・ラザニアはパスタがなかったのでシューマイの皮
 しかも豚肉ではなく鶏ささみを荒微塵にしたものを使用
・春菊に使ったドレッシングはバルサミコ+ホエー
 しかもクルトンがなかったのでシリアル使用
・にんじんのグラッセはノンカロリー甘味料使用
・コンソメスープは余った野菜を放り込んだだけ
自分だけが食べるからこそできる料理。とてもじゃないけど人には出せません。

【妻】
妻と妻の母の食卓
ファイル 2109-2.jpg

実際住んでいる時はあたりまえで気にもしなかったし、今までは帰省するにしても今回ほどのんびりゆっくりということはなかったので、色々な発見があります。
改めて見ると、実家なり、地域なりの風習を意外と知らない。
ご近所の方からお雛様のお餅をいただいたのですが、お餅を型抜きしてカラフルに色をつけたもので見た感じ岡山の花餅に非常に似ている。あれ?この人岡山の出身だったっけ?
って思っていたら普通に地元でお雛様のときに作られているお餅だと親にいわれた。
お昼ちょっと高カロリーだったので、夜は「いわしのソテー」「湯豆腐」「かぼちゃの煮つけ」「ごはん」

山の仇を里で討つ

  • 2013/03/03 21:05
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2108-1.jpg
さすがにひっぱりすぎたのでおでんは今日で終了。
「おでん[終]」「里芋のお焼き磯辺焼き」「きゅうりとえのきのみぞれサラダ」「ごぼうの塩焼き」。
先日山芋のお焼きを磯辺焼きにしなかったことの後悔がつのって、今日は里芋を磯辺焼きにしました。マッシュ里芋ににんじんと玉ねぎまぜてます。なかなかおいしい。磯辺焼きならなんでもおいしい


【妻】
妻と妻の両親の食卓
ファイル 2108-2.jpg

ひな祭りなわけですが、あまり行事的なことをしない我が家と比べ、行事をする派の妻の実家にはお櫃やら寿司鉢やらがあり、さらには新しい炊飯器にはすしめしモードまであるのです。グラッチェ。
「ばらちらし」「蛤のすまし汁」「茶碗蒸し」「なます」「サワラの照り焼き」「菜花の浸し」「大根サラダ」「もずく酢」
はじめ「茶碗蒸し」の存在をすっかり忘れていて、なにか寂しいねと無理やり「もずく酢」を一品足したら「茶碗蒸し」の存在を思い出して、結果、食べ切れなくて「もずく酢」がほぼまるまる残った。

テンパランス

  • 2013/03/02 21:46
  • カテゴリー:

【夫】
夫の夕食
ファイル 2107-1.jpg
「おでん」「シャキシャキ白菜おかかサラダ」「カリカリじゃこの春菊サラダ」「ほうれん草と玉ねぎのトマトソース」。
なんで連日サラダ+2品も作るかというと、おでんを食べ進めるスピードを極力抑えるため。おかげで結構もったぞ。
でも鍋を替えるくらい減ってきたし、明日で終わりかな。


【妻】
妻と妻の両親の食卓
ファイル 2107-2.jpg

「赤魚の煮付け」「焼厚揚げ」「花大根の煮付け」「ほうれん草のお浸し」「雑穀ごはん」「味噌汁」
被災地復興イベントがあったとのことで。そこで母が購入してきた「花大根」が妙においしい。
「花大根」は切干大根の一種なんですが、輪切りにした大根を干したもの。それ自体は今までも食べたことあるのですが、今回のものは特におおぶり、厚切りでおいしい。
その食べ応えは、メインをはれるレベルです。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ユーティリティ

2013年03月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

  • カテゴリーが登録されていません。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

新着エントリー

2017/01/09 22:07
不正
2017/01/08 22:21
日進月歩
2016/07/03 22:55
贅沢
2016/04/30 20:55
ひさしぶり
2016/03/29 23:44

過去ログ

Feed